医療脱毛の全身って謎が多い!?不安や疑問を抱えたままはNGですよ

医療脱毛の期間や費用に不安を感じるのは全てをクリニック任せにしてしまうから。“全身”だからこそ自分の希望を告げカウンセリングに臨みましょう。

医療脱毛はサロンとくらべ何がどう違うの?全身をやって効果は?

医療脱毛と美容サロンでの脱毛の違いは、施術後の体毛再生率にあります。

医療脱毛が1ケタ台なのに対し、美容サロンでは数カ月~半年で再生してしまいます。

■半永久か、それとも永久脱毛かの二択。

美容サロンなどで行なう脱毛は、脱毛のマシンそのものの出力が弱く医療脱毛器の3分の1程度しかないため、レーザーの威力が限定的です。

昔は美容サロンでの脱毛を半永久的と表現し、医療脱毛のほうを永久脱毛と表現するようなサイトが多くありました。

しかしこの表現には誤解が多く生まれたため、いまでは使われていません。

しかし表現は不適切でも、その程度の効果の違いはあると解釈していいでしょう。

■レーザー出力の強さで組織・細胞を壊滅。

全身脱毛でも部分脱毛でもメカニズムは同じで、永久脱毛にはレーザーが強い出力で毛根の奥にある毛乳頭組織まで届き、毛母細胞を破壊する必要があります。

体毛が再生してくる大元の組織を破壊してしまうので、そこからは二度と体毛は生えてこないのです。

それを可能にするのは医療脱毛しかありません。

■医療脱毛で全身をやっても構いませんが、脱毛後にはいろいろな症状が起きます。

最初は部分脱毛を受けてみるのが良いです。

たとえば施術後の脱毛の仕方や肌の症状などは、人によってマチマチです。

だいたい術後3日~1週間で体毛がパラパラと抜け始めますが、人によってはそれ以上かかります。

服装やハンカチも白いものは目立つので厳禁です。

赤く火膨れするような症状が出る場合もあります。

最初はパーツ脱毛でそれらを体験してみましょう。

Comments are currently closed.